英単語を効率的に覚えるには?ポイントは短期記憶と長期記憶!

Pocket
LINEで送る

英単語を覚えるのは大変!
筆者を含めて英語の学習が苦手な方の多くは同じ悩みを持っているでしょう。

覚えるという作業には得意不得意があるのは確かです。
しかし、苦手な方にも「より効率的に英単語を覚える方法」というのは存在します。

この記事では、人間の記憶の構造に着目して、英単語をより効率的に覚える方法をご紹介します。

スポンサーリンク

まずは「覚える単語ノート」を作る

知らない英単語に出会ったら、意味や用法を調べてノートに書き写します。
必要があれば発音も併記し、第二・第三の意味も書いておくと良いでしょう。場合によっては例文も添えます。
このノートが「覚える単語ノート」です。
同じようなことをやっている方は多いのではないでしょうか。

1ページずつ復習する

英単語が1ページ分たまったら、ページ内の単語を1つずつ再確認し、暗記していきます。
1ページずつ復習するのがポイントですが、暗記が得意な方は2ページずつでも良いかもしれません。

覚えた日付をメモ!

そしてこれも大事ポイント!

覚えた日付をメモ!

覚えたな、と思ったらその日の日付をメモして次の単語に進みます。

1週間以内に復習する

覚えた単語は1回の復習で放置せずに、数日後にもう1度見直します。
1週間以内に3回の復習をするようにすると良いでしょう。
都度日付をメモしていきましょう。

短期記憶と長期記憶

なぜこんなことをするのでしょうか?
聞いたことのある方もいると思いますが、人間の記憶には「短期記憶」と「長期記憶」の2種類があります。

勉強したばかりの記憶は「短期記憶」で形成されます。「短期記憶」は長期間保持されない、一時的な記憶です。
一夜漬けで試験に挑んだ事がある方は分かると思いますが、瞬間的に作った記憶はすぐに忘れてしまいます。

しかしその短期記憶は短期間で反復することで長期間保存される「長期記憶」に転換されます。

つまり、覚えたての英単語はまだ忘れていない数日以内に記憶を焼き直すことで、長期間忘れにくくなる、ということです!

1週間で3回の復習を目安に!

英単語をノートに書くのが最初の学習。
ノート1ページが埋まったら1回目の復習。
数日以内に2回目の復習。
ノートに書いてから1週間以内に3回目の復習。

このルーチンがおススメです。
1週間に1ページ分の英単語が「長期記憶」としてあなたの知識なります。

面倒だな、と思うかもしれませんが、復習は回を重ねるごとにスピードアップしますし、何より忘れにくいというのが最大のメリットです。

英語を勉強するときに、英単語を1度覚えてすぐに次の単語に進んでしまう方も多いと思います。もし筆者と同じように暗記が苦手な方にとって、そのやり方はに非常にもったいないものです。
せっかく短期記憶になったのに、長期記憶にならずに消えてしまう可能性が高いからです。

やり方は色々とあると思いますが、英単語を覚えるのが苦手!という方はこのやり方を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事をシェアする
Pocket
LINEで送る