オンライン英会話ネイティブ系「Mainichi Eikaiwa」は本格派!ビジネスパーソンにおススメのオンライン英会話【PR】

Pocket
LINEで送る

自宅から効率的に英会話学習ができるスカイプ英会話。
英会話教室に通うよりも費用が安いのも特徴です。

様々なスカイプ英会話サービスがありますが、この記事では「Mainichi Eikaiwa」というサービスをご紹介します。
「Mainichi Eikaiwa」はビジネスで英語を使いたい方におススメ!

※この記事は「Mainichi Eikaiwa」からの依頼で作成したPR記事です。

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa

筆者は実際に「Mainichi Eikaiwa」の体験レッスンを受講しましたが、非常に優れたサービスだと感じました。
まずは「Mainichi Eikaiwa」の特徴をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ネイティブ講師へのこだわり 高い品質でのスキルチェックと指導が可能

「Mainichi Eikaiwa」の特徴は、講師全員がアメリカ人、イギリス人、カナダ人、オーストラリア人などの英語のネイティブ圏出身であること。
東南アジアや中東の講師がメインのスカイプ英会話にも「安価である」などのメリットがありますが、英語圏出身の講師はやはり英語がとてもきれいです。より高品質な英会話能力を身に付けたいという方には良い体制ですね。

「Mainichi Eikaiwa」のもう一つの特徴は担任制であること。
担任制であればこその、習得度に合わせたきめ細かな指導が期待できます。

1つ心配があるとすれば、いろいろな人と話す機会を得るのは難しそう、ということです。
人にはそれぞれ会話の癖がありますので、多くの人と話すのも英会話上達の1つの道。
そこでおススメなのは、「Mainichi Eikaiwa」で高度なレッスンを受けながら、カフェ英会話などのその他のアウトプットの場で英語を話す機会を作ること。
仕事の中で英語を使うチャンスのある方は積極的に使っていくと良いですね。

50分のレッスンが標準!

「Mainichi Eikaiwa」には4つのプランが用意されています。

https://www.mainichieikaiwa.jp/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3%E4%BB%A3%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

プランA~プランCは1レッスン50分、プランDは1レッスン25分となっていて、50分のレッスンが主体であることが分かります。
スカイプ英会話サービスは1レッスン25分で組まれているところが多いように思います。
50分はちょっと長いと感じるかもしれませんが、実はかなりおススメです。

25分のレッスンだと最初の挨拶をしたり、教材のデータをやり取りしたりといったことで5~10分程度を費やすと、実質的なレッスン時間は15分~20分ほどしかありません。
スカイプ英会話を受講している方の中には、毎回のレッスンがあわただしいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか、。

50分のレッスンは、かなりゆったりと講師とやり取りすることが可能です。「Mainichi Eikaiwa」を受講する際は是非50分のレッスンコースを選びましょう。

無料体験レッスンを受けてみよう!初心者は自己紹介を考えておこう!

ビジネスパーソンにおススメの「Mainichi Eikaiwa」ですが、英会話初心者でも大丈夫。
むしろ最初から品質の高い英会話レッスンを受けておく方が、キレイな英語を身に付ける近道かもしれません。

ただし初心者の方の場合は、何も準備せずに体験レッスンを受けるのはおすすめしません。
会話は基本的に英語ベースで進められますので、「何も話せない」とならないように、最低限自己紹介だけは考えておきましょう。

・名前
・年齢
・出身地と住んでいる場所
・仕事
・趣味
・家族のこと
・どうして英語を勉強したいと思ったか

などを英語で言えるように準備しておきましょう。
ノートにメモしておいても良いと思います。

https://www.mainichieikaiwa.jp/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%A7%E4%BC%9D%E3%82%8F%E3%82%8B%E8%87%AA%E5%B7%B1%E7%B4%B9%E4%BB%8B/

こちらに参考になる例文が動画付きで紹介されていますので是非見ておきましょう。

ある程度英語が喋れるよ!という方は大丈夫、そのまま体験レッスンに挑みましょう!

体験レッスンのお申し込みはこちら

筆者の体験レッスン紹介!

筆者は年に何度か仕事で海外に行きますし、英語でのメールのやり取りなども行いますので、「一応英語を喋れるといえば喋れる」という感じです。
しかし語彙が少なく文法もあいまいで、そこをきちんと学習したいと常々思っています。
今回はネイティブ英会話とのことで、その辺りを指導いただこうと思いつつ体験レッスンを受けました。

開始3分で文法の訂正を受けます。
担当してくれたのはカナダ出身の女性の講師(美女!)でしたが、非常に丁寧、かつ鋭く的確な突っ込み。

ぬ、やるな・・・。

50分のレッスンが終わるまでには大量の訂正テキストが溜まります。
もちろん口頭でも正しい表現を教えていただいていますが、送ってもらったテキストは復習には最高の教材になります。

文法以外にもネイティブならではの「正しい発音」のレクチャーなど、非常に丁寧な指導。

energy

って正しく発音できます?
筆者は結構苦労しました。今まで意識したことありませんでしたらね。

このようなことは例えば
「海外旅行に行って買い物などが問題なく出来れば良い」
という方には必要ないかもしれません。
しかし、「仕事で英語を使う必要がある」方にとってはとても重要です。

ビジネスで話す場合、正しく話せているというのはとても大事です。
筆者は仕事でよく海外に行きますが、十分に言葉が喋れない人に対して仕事上同じ能力がある、とはなかなか認めてくれません。
高度な表現を知っていないにしても、対等に議論できることが必要です。

「そのサービスは将来受け入れられていましたかも知れません」

って言われたら「?」ってなると思います。
英語が共通言語の場では、英語で正しく話せる必要があります。

話が逸れたので戻しましょう。

レッスンではpdfファイルの教材を用います。
これに沿って講師の方と対話していきますが、よくあるような「問題を解いて講師が正解かどうかを伝える」というようなものではありません。

例えば、

Do you think there will be more cars on the road?

と言われたときにどのように回答しますか?
日本の場合はどうでしょうか?

日本は人口減少社会ですから、今後車は減っていくかもしれません。
加えて今の日本の若者はあまり車を買わないといわれています。
なぜでしょう?
1つは都市への人口集中。都市では車を持つコストが高く、加えて鉄道網が整備されているため車が無くても都市内を自由に移動できます。
更にスマートフォンの普及により、手元に豊富なエンターテイメントを持つようになりました。敢えて遠くに行かなくても、友達とコミュニケーションができ、SNSで社会とつながり、動画を見ることもできます。
将来的なオイルコストの上昇も車の減少に繋がるかもしれません。
日本経済のデフレ傾向も一因になりそうです。

というようなことを、英語で、カナダ出身の講師の方にどう説明すれば良いでしょうか。
50分の時間の中で様々なトピックについてこのような会話をしていきます。
ビジネスでもありそうな会話だと思いませんか?

ちなみに筆者は体験レッスンの中で

「日本人の多くは必ずしも海外での就業を好まない傾向がある」

という事を説明しようとしましたが、
どうもネガティブに伝わってしまったように思えます。
カナダ出身の講師である彼女は現在はアメリカに住んでいて、まさに海外で働いています。
そして私は仕事でよく海外に行くから英会話を学ぼうとしていますが、
その私が、日本人は海外にはあまり積極的に行かないかもね、という話をすることに彼女は違和感を感じたかもしれません。

日本の文化的背景を加味してこの辺りの事情をうまく説明する英語力が今のところ筆者にはありませんでしたが、今後海外に仕事で行く際に同じような話題になることは十分に考えられます。
これは英語でどう表現すべきか勉強しておかなければ、という事に気づきました。

こんな感じで50分はあっという間に過ぎてしまいました。
講師の方は大変に知識が豊富で、会話が面白く、50分は短く感じます。

体験レッスンのお申し込みはこちらから

「Mainichi Eikaiwa」の体験レッスンを受けてみたい!という方は

https://www.mainichieikaiwa.jp/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3%E4%BB%A3%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/%E7%84%A1%E6%96%99%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3/

こちらから申し込みをしましょう。
この記事は依頼に基づいて作成していますが、ビジネスパーソンには本当におススメのオンライン英会話ですよ!

オンライン英会話ネイティブMainichi Eikaiwa

スポンサーリンク

この記事をシェアする
Pocket
LINEで送る